November / 11月
6
2019
水曜日
アバター
無名居士-Nameless layman

古い映画を観たくなった~秋刀魚の味 – An Autumn Afternoon (1962)

秋刀魚の味 – An Autumn Afternoon (1962)

https://youtu.be/QPbqQ0keUvs

小津の映画は 時間がゆっくり流れる

会話も独自の世界 リアルではない

しかし その会話に引き込まれる

『秋日和』は 母と娘

この『秋刀魚の味』は 父と娘

娘の結婚と 残される親の問題がテーマ

このリアルバージョンが TVドラマの『渡る世間・・・』につながるのかな

小津の映画の世界は「ホームドラマなのだが

小津の創る映画の時間が 日常なのだが日常から切り離された世界に

観客を誘う 映画的魔術と呼ぼう

観客は自分の日常を忘れ

映画的小津の日常の世界に浸る

その世界の安心感を支えるのが

時間と会話の妙

芸術的映画の世界の中に身を置いて得られる安心感

上流とまではいかないが 社会的地位のある中流家庭

庶民の生活感覚からは若干かけ離れてはいるが

テーマ的には共有できる問題

小津の芸術的映画世界を鑑賞するということで

小津魔術を楽しめばいいか

 

 

2019年11月6日 水曜日 | 無名居士-Nameless layman

メッセージを送る

account_circle
email
mode_edit

これまでの日々

新規登録は無料です