7月22日昼

たがみよしひさの単行本、大判で真っ赤な装丁で16巻と18巻が本棚にある。
他は処分して2冊だけ手元に残っている。
最終18巻は1冊に満たない内容で、1,2話の当時のネームやコンテなどが収録され貴重。

ラストのカーチェイスと主人公が爆発するシーンで、なぜ爆発したかについて作者コメントが書かれている。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください