11月12日朝

2018年11月14日 紅茶缶


午前2時の商店街のアーケード通りを歩く。人通りはなくシャッターが閉まっている店も多いが、文具店や寝具屋などところどころ開店している。耳元で蚊の羽音がする。


高校で午後から面談が行われるので準備をする。教室にはキーボードやマイクが並んでいて音楽のテストが行われる様子。練習用の教材DVDを配布する係。


ビジネスホテルのフロントで勤務する園田海未の役(家業はどうした?)。価格は安いのに客は少なく近くの高級ホテルに客を取られている。
会社員の小泉花陽が訪れる。会社の出張予算が7000円なので予算通りの部屋を希望するが一泊3240円なのでそれはできないと伝える。領収書の偽造はできないし、友人の横領に手を貸すことはできないと説明する。
真面目な海未ちゃんらしい。差額分のQUOカードを発行すれば済むのに、それができない。
フロントの業務に慣れてないせいで宿泊シートの書き方がわからず、チェックインの対応に手間どる。


DOOMの画面に切り替わる。パワーアップアイテムを拾うが足を踏み外して毒の沼に落ちダメージを食らう。


バイトリーダーの田中(中学の同級)が他のバイト社員に説教している。
こちらにも矛先が向きそうなピリピリした雰囲気。無視してその場を離れる。
船の中にある宗教施設。甲板の出口に神棚のような場所があり教祖の言葉らしき掛け軸(日本語ではない)とみかんの入ったダンボール箱が置かれている。船内には仏壇が一面にあり信者が掃除をしている。
無性に腹が立ち仏壇を壊して回る。信者が集まってくるが取り押さえられないよう船内を逃げ回る。

このメンバーの他の記事

\ シェアしましょう /

あなたも参加してみませんか?

つぶやき・日記・コミュニティ
日々をつづって、つながろう

この記事を書いた人 紅茶缶

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください