loader image
July / 7月
17
2019
水曜日
アバター
無名居士-Nameless layman

検索を遊ぶ~「現代貨幣理論(MMT)」の提唱者であるニューヨーク州立大のステファニー・ケルトン教授とは?

先ず 「現代貨幣理論(MMT)」とは?

参考記事から
MMT提唱者ケルトン教授「中銀依存より財政政策」

インフレにならなければ財政赤字の膨張は問題ないとする学説「現代貨幣理論(MMT)」の提唱者であるニューヨーク州立大のステファニー・ケルトン教授消

費者の支出こそが経済のけん引役であり、「財政政策で人々の所得と自信を向上させることが必要」

日本で10月に予定される消費増税について「税金は支出能力の調整を通じてインフレをコントロールするためのもの。インフレでないなら消費増税は意味をなしていない」

「財政赤字は悪でも脅威でもない」MMT提唱の米教授

「MMT」(Modern Monetary Theory=現代金融理論、現代貨幣理論)

たとえば日本は2%のインフレ目標に達していないので、さらなる財政支出の余地があるとし、「もっと積極的に財政政策を活用して、減税で成長を下支えした方がいい」

消費税については「消費増税の目的は消費支出を減らすことで、インフレを冷やすなら理にかなっている。

ケルトン氏を招いたのは、安倍政権で参与を務めた藤井聡・京大大学院教授(公共政策)ら。左派系で参院選では野党候補らを支援する松尾匡・立命館大教授(理論経済学)も加わり、「反緊縮」の学者が立場を超えてMMTの理論家を招く異例の形となった。

ステファニー・ケルトン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

ステファニー・ケルトン(英語: Stephanie Kelton、1969年10月10日 – )は、アメリカ経済学者ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校教授現代貨幣理論の主唱者

2016年のアメリカ合衆国大統領選挙予備選挙ヒラリー・クリントンに敗れたバーニー・サンダース上院議員が予備選挙後に設立したシンクタンクであるサンダース研究所の顧問を務めている

現代貨幣理論

ケルトンは、完全雇用インフレーションを実現するために政府予算や財政赤字を積極的に利用すべきであるという「現代貨幣理論」 (Modern Monetary Theory) の強力な提唱者である[1][2][3]

日本経済について、「失われた20年と呼ばれる状態に陥ったのは、インフレーションを恐れていたことが原因である」と指摘し、「デフレ脱却には財政支出の拡大が必要である」と主張している[6]

今回は基本的な知識という意味で
検索記事を読んでみた
大方の理解はできたつもりだが
必要に応じて検索を続けてみたい

 

 

2019年7月17日 水曜日 | 無名居士-Nameless layman

メッセージを送る

account_circle
email
mode_edit

これまでの日々

新規登録は無料です