日々の言葉落穂ひろい~カーシェアリング

2011年9月 7日 (水曜日)
(その11)カーシェアリングなるもの初体験記

ブログ主は自家用車をやめて カーシェアリングを体験

まだ60代 それに車を利用する必要もあって

車を利用する一つの方法として選択されたようだ

かなり経済的というから これからユーザーは増えていくのだろう

私は70の記念というか 免許を返上した

車をやめたのはさらに昔 維持ができなくなったから

その後は自転車を利用 電動アシストには敵対心を持っている

乗ってやるものかという覚悟 実のところは中古でも手が出ない

しかい自転車というからには 電動アシストに頼るべきではないとの持論

車をずっと利用していたのには見栄もあっただろう たとえ中古でも

やはりそれが大きな理由か 見栄っ張り 虚栄心の実は塊なのだ

新聞の配達 集金も自家用車でしていた

新聞の配達を自家用車でなど 普通は考えられない

自転車かバイク それを私は長いこと自家用車にこだわった

配達料といえば ガソリン代が出るくらいのものだろう

それも見え空だった 新聞配達をするということの精神的バランスを

自家用車でするということで得ていた

自家用車を手放すまで かなり長い期間自家用車で配達

車を処分してからはバイク こっちの方がどれだけ小回りが利くか

車を処分した後 節約するといえばたばこ代

かなり吸っていた 正確に言うならふかしていた

日に3箱はふかしていた ふかしていたくらいなものだから

やめるのには何の支障もなかった

やめられないという人がいるが まだ経済的に余裕があるということだろう

免許も返して 車とは縁が切れた

何の支障もない 自転車で十分

確かに便利なものだが なければないで暮らせるようだ

私もとっくに高齢者の仲間入り

早くや寝て正解だったと思う

 

こちらもどうでしょう

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください