loader image
October / 10月
4
2019
金曜日
アバター
無名居士-Nameless layman

姉さんの日々 10月4日(金)②~あずきバー

忘れないうちに書いておこう

お昼・・・昼食のことだが

朝食は途中せき込んできたので

レーズンロールの4分の1も少し残してしまった

そこでカロリー重視であずきバーを食べてもらうことにした

これまでにも難解化私が食べるついでに

一口二口ほどあげていたのだが

その時の食べ具合がよかった 飲み込むまでの時間が早かった

ご存じかお思うが あずきバーはカッチカッチに固い

下手すると歯が折れるかと思うほど

その口どけが具合がちょうどいいのかもしれない

水分が不足気味なので口の中が乾いているだろう

冷たい感触と固さがちょうどいいのだと思う

そこで今日のお昼にやったのだが 1本なんなく食べてくれた

100kcal補給できたことになる

気になるのは少しせき込むこと

やはり軽いごえんしているのだろう

これがひどくなるともう食べられなくなる

まだせき込むといっても連続ではないし

横になって寝ていると 咳はでなくなっている

そして3時のおやつの時間 訪問看護師さんが来てくれる

試しに今度はミルクアイスをあげた

これはあずきバーに比べると 量的には半分だけど

カロリーは同じくらいある

こちらの姉さんの感触としては あまりよくない

すぐ解けるからだ

3時のおやつにやったところ

これまでに見たことがないほどの食べっぷりを姉さんは見せてくれた

私は驚いてしまった 最近見たことがない勢いで口を動かし

呑み込む時間も早い あっという間に1本

この間 むせることもなかった

そこで私がしたことは 氷はいいという思いから

エンシュアを凍らせている

結果はどうなるかわからないが

あずきバーとミルクアイスを食べる姉さんの感触がいいので

これが成功してくれれば 栄養補給ドリンクの口からの摂取が

これまで以上に期待できる

食べている間 視線もはっきりしてきた

看護師さんも驚いていた

それより驚いたのが私だる

最近 アイスを食べる姉さんの食べっぷりは見たことがない

晩ごはんはもうすぐだが 果たしてどうだろう

悪い見方をするなら 最後の喜びを与えてくれたのかと

風前の灯の例で 最後に一瞬輝くことがままあるものだ

私もペットの猫でそれを経験している

まさに奇跡といえる現象が起こった

昼の姉さんの食べっぷりはそれだったのかと

そうでないことを祈る

夕食になればそれもわかる

今5時半

それではまた

ごきげんよう

 

 

2019年10月4日 金曜日 | 無名居士-Nameless layman

メッセージを送る

account_circle
email
mode_edit

CAPTCHA


これまでの日々

新規登録は無料です