姉さんのいない日々 10月20日(日)~1週間

「命日も含めて七日目に行うのが初七日です。」

人が無くなってからの行事が色々あるようです

火葬までの段取りも 私は一切なしで進めました

それが私なりの主義流儀だからです

なぜと理由を聞かれれば そうしたいからです

通夜 葬儀となるのでしょうがそれもせず

火葬のjyん日をまず優先し それができた段階で

納棺 出棺 火葬を済ませ 骨を持ち帰りました

初七日は上記説明なら昨日

これも知らなかったくらいですから何もせず

この後大事なのが四十九日といいますが 何もしません

もしかしたら それまでに親戚の人が来るかも知れませんが

これは私の流儀でもありますが 姉さんの願いでもありました

これでいいと思っています

姉さんが丸5年 そのうえで暮らしたベッドは片づけられ

今は何もありません ぽっかり部屋が開いてしまいました

そこをどうするかの案はありますが どうなるかは未定

今まだ何を書いていいものやら それも未定?

恵美子さんにいただいた百合の花も1週間になります

そろそろ片づけた方がいいのでしょうね

こちらもどうでしょう

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください