古い映画を観たくなった~The Masseurs and a Woman / 按摩と女 (1938)

The Masseurs and a Woman / 按摩と女 (1938) 

1938年、白黒。清水宏監督。

按摩役の徳大寺伸が 最初誰だか分からなかった

そして盲目の按摩役をよく演じていると思った

彼は時々古い映画で観ているが この映画が今のところ印象に残った

有名な俳優としては 佐分利信や高峰三枝子が出ているが

ドラマの展開は淡々として 一人徳大寺伸死の演技が話を締めている

だから彼のための映画といっていい それで十分映画として成立している

地味な内容だが飽きさせない映画となっているのに 少し感心している

こんな映画ができるんだと この思いは『有りがたうさん』でも感じた

この映画も今気づいたが 1936年(昭和11年)公開の清水宏監督作品

やはり清水宏監督 この『有りがたうさん』には 本当に感動してしまった

この映画でも最初の方では 運転手役が上原謙とは気づかなかった

彼がこの映画でも いい味を出している

それから渡りの遊女役?の桑野通子 これ以前に彼女を知って大好きになった

『按摩と女』の映画からそれたが 同じ監督作品ということなので それもいいだろう

その作品に大変感動したと書いていることだし

 

こちらもどうでしょう

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください