古い日本映画を観ている~『綴方教室』Composition learning classroom (1938)

『綴方教室』Composition learning classroom (1938)

wikiより

綴方教室』(つづりかたきょうしつ)は、1930年代に、鈴木三重吉の影響下で教育運動として盛んになりつつあった生活綴方運動の中で、東京・下町の小学校教師、大木顕一郎の指導・編集・解説で出版された当時、本田小学校4年の豊田正子の26篇の「綴方」(雑誌『赤い鳥』掲載)を収め、1937年に出版された本の題名。

1938年3月6日から3月20日まで新築地劇団が舞台化し、8月には東宝山本嘉次郎監督によって映画化されて評判になった。

キャスト(人物)[編集]

スタッフ[編集]

綴り方教室といえば無着成恭とばかり思っていたので

この映画で戦前の話ということを知った

しかも高峰秀子が主演 少女時代14歳の時の作品

あまりにも有名な人なので知った気になっていたが

少女時代のことは何も知らない

少し前に『馬』を観たが 最初は地味な映画だと思ったが

高峰秀子と気づくのに時間がかかった

それからは熱を入れて観たが 彼女は熱演していた

制作にかかわっていた黒澤明と 恋仲になったという噂

この時期 やはり可愛い 作品が評判になるのもうなずける

高峰秀子の作品も追ってみたくなった いよいよ病気といえるかも

こちらもどうでしょう

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください