>> 続きを読む">
loader image
June / 6月
8
2015
月曜日
アバター
かおり 首藤

印刷ミスのお札をオークションに出したら3,000万円の値がついて持ち主歓喜

1: TEKKAMAKI(四国地方)@\(^o^)/:2015/06/06(土) 21:24:32.49 ID:zoYHM+mC0.net

中国重慶市の機械工の男性が、財布の中の100元札のおかげで一夜にして大金持ち になりました。彼の持っていた100元札が、いわゆるミスプリントの紙幣であったため、 150万元(日本円で約3,000万円)の価値があることが分かったのです。一目みた だけでは、どこにミスプリントがあるのかわからないほどですが、よく見ると毛沢東の 顔の顎の部分に、3mm程度の傷のようなものがあるのがわかります。地元メディアに よると、男性は3年前にこの紙幣を手に入れ、顎の部分にミスプリントのようなものが あるのに気づいていたそうで、貴重な紙幣だと感じ、保管していたそうです。 最近になり、彼はオークションハウスにこの紙幣を持ち込んだところ、推定で 150万元になるだろうと鑑定されたとのこと。 オークションハウスのは、このようなレアな紙幣は一部の収集家から非常に高い値段が 付けられるそうで、今回持ち込まれた紙幣もそれぐらいの値になるだろうということです。 http://newsas.blog.jp/archives/44318072.html

続きを読む
 >> 続きを読む

掲載元へ: 印刷ミスのお札をオークションに出したら3,000万円の値がついて持ち主歓喜

2015年6月8日 月曜日 | かおり 首藤

メッセージを送る

account_circle
email
mode_edit

CAPTCHA


これまでの日々

新規登録は無料です