5/22 マダガスカルの吟遊詩人

人間は、「風」という存在にどれだけ助けられてきただろうか。
今でこそエンジンで動いている船だが、昔は「風」の力を利用していた。
かの有名な「諸葛亮孔明」も「風」の力で赤壁の戦いに勝利した。

歴史が変わる場面にはいつも「風」の存在は欠かせない。

考えたことはあるだろうか。
「風」のない世界を。「ふぅーっ」という音のない世界を。
私は思う。忘れてはいけない。
「ふぅーっ」に生かされていることを。

こちらもどうでしょう

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください