やっぱりダメだったな

今日は徳田さんいた。定時で勤務。24日のオクトーバーフェストのお誘いを井手口さんを通して3課のSVさんにあててやっていた。龍さんはいないという条件で出したけど。

3時からインフルエンザ予防接種を受けて、3時15分から休憩。まーちゃんと糸永さんと岡元さんで話して、途中からメンバーチェンジで栗山さんと佐々さんとゆきちゃんとで休憩。まーちゃんは昨日の飲み会で浅倉課長にお願いして、背中にすり寄ったり胸筋を触ったりお尻を鷲掴みしたりしたそうだ。なかなかやるな!休憩中にふとセブンイレブンの自販機のところを見たら、徳田さんが休憩に来たところが見えた。遠くだったけど、目があった気がした。いや、あれは彼もこっちを見たんだ。じっと見て、そのまま彼はいつもの体勢でiPhoneをいじり始めた。ゆきちゃんと休憩終わってロッカールームに戻るとき、徳田さんの前を通った。でも私は彼を一切見なかったから、気づいてくれたのか全くわからない。

夕方に徳田さんが来てくれた。私がレディ待機になるのをずっと見計らってたみたいだ。グリーンランプをつけたら、急ぎ足で来た。そして普通に立ったまま話せばいいのに、わざわざデスクに手をついて、腰を折って話しかけてくれたんだけど。「…かりん殿」「なんだその呼び方は?」「24日さあ、行けないわぁ」「えー( ̄Д ̄ )」「24日オレ休みでさ」「(オレ?)うん」「休みの日は基本的に家から出ない!」「はあ??」「インドアって言ったらあれだけど、家から出たくないんだよね。だから行かない」「はーん。おもしろくねーなー」「あはは?」「じゃあ次は一緒に飲みに行きましょうね」「うん」

わざわざ断りに来てくれた。これはなかなか嬉しい。けど来ないのはちょっとがっかりした。うーん、子供と遊びたいんだろうな。あと休みの日は何もしたくないってのはわかる気がする。でも一緒にラーメン行った時に変態仮面の話をしたら「映画でも見に行こうかなぁ」とか言ってたぞ。それはどうなんだ?断るならもっと上手い断り方をすればいいのに。行きたくないとか嫌だとか、言えばいいのに。

17時50分頃に一時離席でトイレに立つ。衝立越しにじっと見てたけど、あえて気づかないフリして離れる。席に戻ってくるまでの途中で徳田さんとすれ違いそうになって、あっちが近づいてくるのを見えないふりして足早に避ける。席についてしばらくしたら、また来た。「今さ、16とりよるの?」「はい。っていうか本当は明日ベタ付きでやって、明日からデビューなんですけどね」「へえー!さすがですね✨」「うるっさいわ?」で、右手で徳田さんを払い除けようとしたら、指をデスクに強打して自爆で激痛。徳田さんが笑って「痛い痛いwww」と言って行ってしまった。

今日はこれでおしまい。仕事終わりに初田さんがゆみさんも誘って、また弐之弐に行って奢ってもらった。最近は初田さんと話をすることが多いな。私は「強気に見せて本当は弱い」と言われて詰まってしまった。分かりやすいツンデレみたいだ。徳田さんのことを好きだということも、「恋はいいと思うよ。でも恋愛になったらダメだよね」と諭してくれた。でも本当に、「自分はあり得ない」「自分は対象外だ」と思うのはそれこそあり得ない話だと初田さんからもゆみさんからも言われた。いつ何がどうなって友達から恋愛に変わるのかなんて、本当に些細なきっかけなんだという。どんな人にもそういうタイミングは必ずあるから、「自分はない」と思うのは危険なんだと言われた。うーん、でも徳田さんとはない気がするんだけどなぁ。私が求めても彼がだめな気がするし。でも、あること前提でいるより、ないこと前提の方が驚きに満ちていて楽しいだろうからいいかな。

こちらもどうでしょう

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください