loader image
March / 3月
25
2019
月曜日
アバター
ひで

まぁの黒い耳くそとワクチンと閉院

うちのマスケ(まぁのあだ名)の耳元をこねくり回してたら、耳の中からかなり大きな黒い塊がゴソっと取れました。いつもこねくり回しているのにぜんぜん気づきませんでしたが、結構な外耳炎になりそうだったので病院に連れて行くことにしました。

View this post on Instagram

歯の検査 #猫

A post shared by Mage Hide (@zipless) on

歯はキレイだったんですが、耳の穴が真っ黒だったのを隠し通したますけ殿。

いつも年に一度お世話になっている病院に急遽朝一で出かけることに。とりあえず、ワクチンの注射もまだだったのでいいタイミングで病気になったものです。

病院のドアのところに張り紙がありました。
「3月いっぱいで閉院します」

ぅぁ・・。
悲しすぎる。

ますけを飼ってすぐに真っ黒のゲロを吐いたときも年末年始の忙しい時に病院をわざわざ開てくれて診察してくれたり、「手足が太くて、強そうな男の子ねぇ」って褒めてくれたりと本当に良い女の先生でした。

60歳超えてるよなーって思う先生だったのですが、助手の方との掛け合いが阿佐ヶ谷姉妹にどことなく似ていて本当に大好きでした。なんなら、病気知らずのチャンミの最期までお世話になる気マンマンだったのですが・・。

体重が思いの外増えていたマスケ。
6.6キロもあって、前回の計測から1キロ以上重くなっていました。。

耳の中にビューって薬を入れてモミモミしてくれて、いつ打ったのかわからないほど高速にワクチン注射をしてくれて、「巨大化したわねー」って褒めてくれました。

昭和30年生まれの先生(飾ってある獣医証明証みたいなのに書いてありました)、動物病院を開業して20年。うちのマスケがカルテ3000番だからそれだけの動物を治療して来て、週に1日しか休まずずっと働いてきたんだと思ったらちょっと悲しくなりました。

診察最後の週だからか、先生は診察終了後には元気に声をかけてくれるのですが、ジッと診察台を手を擦りながらボーッとしてるのをみてまた悲しくなりました。

もしかしたら、マスケのテレパシーでわざわざ耳から黒い塊を出してきたのかと感じています。「病院閉院するから行かないと!」ってテレパシーで感じて、耳かきむしってかさぶた作ったんだ、ますけ殿。

いままで、ありがとうございました。
本当に、ごくろうさまでした。

2019年3月25日 月曜日 | ひで

メッセージを送る

account_circle
email
mode_edit

CAPTCHA


これまでの日々

新規登録は無料です