loader image
September / 9月
6
2018
木曜日
アバター
Karin Nagasawa

そろそろ目を覚まさなければ?

今日は隣が長住さんで、彼女は佐事さん、私は徳田さんをなぜ好きになったのかを教えあった。彼女はまずは性格から入って、そこから憧れの対象になったらしい。なんとも素敵な話だな。

彼女は私が徳田さんを好きでいることを知っている。だけど彼女からすると彼は対象外でむしろ嫌いなタイプらしい。その理由を聞いたら、BBLに移動したての頃に手挙げしたら来たけど、わからなくて聞きに言っていたから頼りないと思ってしまったそうだ。SVはすごい人だという認識があるために、彼の言動が信じられなかったという。また、色気はなくてむしろ枯れていて汚ならしくさえ感じるという。信じられなかった。

話の流れで私が処女だってことも言ったら、「はじめてが徳田さんだなんてなおさらやめた方がいいですよ❗」とめっちゃ言われた。不倫はいけないことはともかくとして、とにかく頼りない、ヘタレ、なよなよしくてしかもチャラいのが最低だと言ってた。結婚指輪してないのも最低だと言ってたな。

あとは挙手対応の時の態度も言ってたな。長住さんには普通にさらっと対応したあとすぐに立ち去るのに、私への態度があからさまに違って仲良ししていたし顔つきも違うから「なんだこいつは?」と思ったという。私は当事者だったから気づけなかったのだな。驚いた。

そんなだから、笹かまをあげたことを後悔した。彼女曰く、「笹かまをあげた後から急に距離が縮まったとすれば、それは『俺のこと好きなのかも』と感じていて、長澤さんから好かれていることに満更でもないと思っているんですよ。不倫の方向に走っちゃう可能性高いですよ」

「え、でも彼モテそうじゃないですか」「あれは絶対モテてないですよ」「えっ」「モテてないから危ないんですよ。『こんな俺でも』ってなりますから。気を付けた方がいいですよ」

ホントに笹かまあげなきゃよかった。いま思い返せば、確かに頼りない。彼はイントラの知識は私よりあるかもしれないけど、それ以外のコルセンの知識としては私の方が圧倒的に上で先輩だし、歳上だけど法律関係にいたっていうけどそのわりに態度がチャラいし分け隔てなくが出来てない。

ああそういうことか。私はダメンズを好きになってしまうのか。「いま徳田さんとお付き合いすることになっても初めてなら執着しますからね、40過ぎるまで彼氏出来なくて婚期完全に逃しますよ!」って厳重注意されてしまった。た、確かに…!

いま、全く違う方向からの見解を聞いて、冷静になれた気がする。明後日出勤してもし彼がいたときに、私はまた舞い上がってしまうのかな?ときめきが無くなってしまうのは残念だけど、でも自分の身や未来を守るのは自分だ。要チェックだな。

 

2018年9月6日 木曜日 | Karin Nagasawa

メッセージを送る

account_circle
email
mode_edit

これまでの日々

新規登録は無料です