うれし野こども図書室

東日本震災直後、うれし野こども図書室は、40年近く関わってきた「本」で支援できないかと思い「子どものための小さな図書館を作ろう」と決意し、2011年11月に陸前高田市に子どもの図書館「ちいさいおうち」を設立。貸出のみならず、読み聞かせ・ストーリーテリングを中心に子どもと本をつなぐ様々なイベントも開催しました。また、全国から寄せられた献本を整備する人も時間もない学校図書整備活動も本腰をいれました。

図書室は本を置いてあるところ。それだけではなく、「どんな本を選んで」「どのように置く」か。そこには、子どもたちに関心を持ち、その子の成長を願いながら、ひとりひとりの本の架け橋を造ろうとする人が必要です。

どんな時代でも、どんな時代になっても、子どもの持つ力を信じて、少しでも健やかに伸ばせるように働きかけを忘れずに活動を続けていきます。

こちらもどうでしょう

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください