Pomposo?

前にも(MdNにも)書いてあるように、サイトコンセプトはヘンデルの「メサイア」から来ているのですが、ひとつ前(暗い怖いサイト)は「And He Shall Purify」を使った「救ってー」な感じでしたがな、今回は「The Trumpet shall sound」。
もぅ、ここのトランペットがたまらんのよたまらん。
だいたいトランペット奏者って出番が少なくて(ハレルヤのパパパーヤーとコレ位がメイン)寝ちゃったりしてるのね。その「The Trumpet shall sound」の演奏として使われている(いた?)やつです。
音楽に知識が無い方はAndanteもAllegroも分からないんでしょう
「Andante」→ 歩くくらいの早さ、ゆっくりした調子という意味
「Allegro」 → 快速に・陽気に・早くという意味
「Pomposo」 → ここぞとばかりに豪華にという感じ
さてさて、繋げてみると、「ここぞとばかりに豪華に、でも早すぎず歩く速度よりもうちょっと早くね」という感じ。ですが、最近の楽譜ではAllegroで演奏されることが多いらしくトランペットとオーケストラが走りすぎる場合も多多。。曲全体の意味は個々で調べてくださいな。

こちらもどうでしょう

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください