loader image
October / 10月
23
2014
木曜日
アバター
ひで

クモが増えた。さらに大ボス コアシダカグモも登場

先日、バグアソルトを使ってクモを撃退という記事を書きましたが、あれから肌寒くなりバグアソルトの出番はなくなったので壁に飾っています。しかも、よくよく考えたらクモは殺しちゃいけない(殺さないんだけどね)といいますよね。僕もその言い伝えで育ったので害虫はいないのですが、ちいさなクモじまさんと共同生活をしているためクモは殺さないんですよね。

朝蜘蛛は親の仇でも殺すな、夜の蜘蛛は親でも殺せ。

http://ja.wiktionary.org/wiki/朝の蜘蛛は福が来る
殺していいんですね。
共存する必要なかった。
話はそれますが、まだ僕が実家にいるときに手のひらサイズのものごっついクモが出た時は、今は亡き 最強アマゾネス老婆 チヅコ を召喚して素手一撃で殺してもらった思い出があります。素手の手のひらではたき殺したか、握りつぶしたかはあまりの強さに見ていられなかった思い出がありますが、事を終えたアマゾネス チヅコは
「こんなんで、ワチを呼ぶな・・」
と言い捨てて帰って言ったのです。
その後、雨戸の隙間にびっしりとコウモリが巣づいてて間違って家の中にコウモリが入ってきた時もアマゾネス チヅコはほうきでコウモリをはたき落として、素手で絞め殺しました。その時も同じセリフを吐き捨てて去って行きました。最強アマゾネス チヅコは説明するまでもなく僕の実の祖母なんですがね。いまでも憧れの存在です。

話は戻ります。
バグアソルトを使わずに、クモを見つけても「ただいま、クモじまさん」とか「あっちにうちの猫の餌が落ちてるから食べちゃって★」とか話しかけて楽しく共存生活を送っていたんですよね。そろそろハロウィンだしクモじまさんも大忙しね!とか言ってたらお風呂場の天井あたりにいつものサイズとは違うクモじまさんがいました。
前回撃退したクモのサイズと同じくらいだったのでちょっとゾッとしましたが「よかろう、よかろう。お主も温まりたまえ」と寛容な対応をしました。ちょっとつまんでお外に出そうと思って摘んだんですが、思ったよりもプニってしてまして音速で投げ飛ばしたらどっか行っちゃいました。
あー大きいの戻ってきたなーと思って数日経ったのですが、またしてもお風呂場にコアシダカグモのクモ子さんが現れました。また、お風呂ですかーやめてくださいねーって言いながら今度は気にもせず放っておいたら、今度はコアシダカグモのクモ江がテレビの横からひょっこりと現れました。
ふ、増えましたね。
確実に。
「特にボロ家に住んで穴だらけの壁の家でもありませんし、玄関も窓も開けっ放しで生活しているわけではないのにどっから入ってくるんだろうねークモが」と思っていたのですが、これは確実にこのお家で繁殖をされています。
蜘蛛の子散らすという表現があるように、
かなりのクモが部屋の見えない所で生活しているんですよね、多分。
害虫じゃない神の使いと言われても
大群でいるのはちょっと嫌です。
もう、諦めて大量のクモたちと暮らすことを選択しました。

一緒に暮らし始めたアシダカグモのご紹介

屋内に生息するクモで日本最大種です。体長は25mm程ですが、歩脚(足)を広げるとさらに巨大に見えます。夜間に活動しゴキブリやハエなど害虫を捕らえて食べます。見た目は不気味ですが、特に危害は与えません。しばらくすれば人目のつかないところにいくので、無闇に殺虫しない方がいいでしょう。

http://mushi-chisiki.com/pest/spider.html
しばらくすればひと目のつかないところにいく・・というのがポイント。
見えない所でひっそりと繁殖して、たまに姿を見せるおちゃめな同居人です★
(((ヽ´ω`)  ハァ…

染の安坊 本染め手ぬぐい手ぬぐい「蜘蛛 紫」くも/クモ/ハロウィン【楽ギフ_包装選択】【楽...

本染め手ぬぐい手ぬぐい「蜘蛛 紫」
価格:1,188円(税込、送料別)

2014年10月23日 木曜日 | ひで

メッセージを送る

account_circle
email
mode_edit

これまでの日々

新規登録は無料です