「KARTE」がショッピングカート「FutureShop2」と連携

「KARTE」は、ウェブサイトに数行のコードを埋め込むだけで、来訪者の特徴や行動をリアルタイムに解析し可視化することができ、個々の来訪者にあわせたメッセージ配信などを可能にするサービス。これまでにないリアルタイム解析を実現したことにより、利用者がサイトから去ってしまう前に、必要な情報を適切なタイミングで自動的に提案することができる。 – http://shopping-tribe.com/news/18549/

カルテ、いいですね。
ですがどこまでネット接客できるかというのとクオリティの問題がどんどん深化・深刻になりそうですね。。

たぶん、ここでの接客はSNSに拡散されそうな気配ですね。

こちらもどうでしょう

ZOZOTOWN、WEARの一般ユーザー200名とスポンサー契約 ー 年間120万円分のポイントを提供

株式会社スタートトゥデイは、同社が運営するファッションコーディネートアプリ「WEAR(ウェア)」で人気のある一 […]ZOZOTOWN、WEARの一般ユーザー200名とスポンサー契約 ー 年間120万円分のポイントを提供 を執筆したのは Shopping Tribe  >> 続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください