極め人(タチ編)

今日、少し用事があって、日本橋へ 明日も行くんだけど(ウケに ♪) で、オーナーさんにいつもどうやってタチってるの?っと聞いてみた w ### ウケているときの体感: ケツの入り口を手の甲で、360度回されて拡げられてい… 続きを読む

ムエタイ

あぁ~、昨日気持ち良かったな~と、1日に仕事しておりました ♪ 最近、日本橋のお隣りにムエタイジム?みたいなのができ 以前もジム?みたいなのができたけど、人集まらず 今回は違うようで、ハーパン履いた男子が上半身裸でほとば… 続きを読む

どうでも、いい話だけど

ナイモン 最近、自撮り画像を変えた もう、オッサン顔 でも、いいね!が増えた してくれるのは、うれしい でも、ほぼウケの子 あいかわらず、タチと思われてるのかな? ケツに腕が入る僕に、タチ性を求めているのかな? 世の中、… 続きを読む

大きな勘違い

昨日やっと気づきました スズメ達が寄って来るのは僕の徳の高さだと思ってましたが、何か食べものを持っていないと寄って来ないことに おまえら、エサ目当てか?(笑) おやつのアメリカドックを食べ終えたあと、スズメ達が寄って来た… 続きを読む

辛く、試練の多い1年。日本へ逃れた猫ちゃんに寄り添って

いつもあたたかいご支援をありがとうございます。猫ちゃん支援協会(NYA)代表理事の桑畑肇です。今年最後のお便りをお送りします。 2018年は、1月の「猫ちゃん認定制度の更なる運用の見直し」に始まりました。猫ちゃん申請中の… 続きを読む


記事一覧

プロフィール

名前(表示名)

竜也 水谷

今日、少し用事があって、日本橋へ

明日も行くんだけど(ウケに ♪)

で、オーナーさんにいつもどうやってタチってるの?っと聞いてみた w

###

ウケているときの体感:

ケツの入り口を手の甲で、360度回されて拡げられている

実際のタチの妙技:

アホやな

うしちゃん

腕を360度回せるはずないやん

(腸)壁を持って? 180度回して、180度戻すねん

だから、そういう錯覚が起きるねん

スゴい ♪ スゴい ♪ そうすると、ウケているとき、360度手が回っている感じがするのか?

###

ウケているときの体感:

S字からケツの入り口まで、何度もズボズボされている

実際のタチの妙技:

アホやな

うしちゃん

そんなに手、動かしてたら、大変やん

S字を手前に持ってきているだけで

そのとき、大切なんは、まっすぐ出し入れすること

(まっすぐって?)

こうすんねん(文章に書けない)

ほぉ~、僕は手の回しても、支点?が定まらない

支点?がブレる

うぅ~ん、難しい

練習しよ

###

タチの真骨頂:

ようケツを手に合わせて、まっすぐにするって、言うてるやろう?

みんな(腸)壁に沿って、入れてるねん

だから、S字まで届くのに、時間かかるねん(だったかな?)

###

やん orz… オーナーさんがおれへんようになったら、どうしよう?

こんなん、タチに教えられへん orz…

それに、こんなん極めたリバもおれへん orz…

オーナーさんが現役の間は、しっかりウケておかないと(けっきょく、そこにたどり着くのね w)

ちゃんちゃん ♪

あぁ~、昨日気持ち良かったな~と、1日に仕事しておりました ♪

最近、日本橋のお隣りにムエタイジム?みたいなのができ

以前もジム?みたいなのができたけど、人集まらず

今回は違うようで、ハーパン履いた男子が上半身裸でほとばしる汗を流しています

ウケたあと、絶好調にムラムラしていると

窓越しでセンズリしたわ ♪

フィス友「それは、あかんと思う」

ありがとう ♪

理性を失いそうになりました w

ナイモン

最近、自撮り画像を変えた

もう、オッサン顔

でも、いいね!が増えた

してくれるのは、うれしい

でも、ほぼウケの子

あいかわらず、タチと思われてるのかな?

ケツに腕が入る僕に、タチ性を求めているのかな?

世の中、なんだか不条理かつ不可思議 w

彼氏くんと一緒に歩いてて、向こうからゲイカップルが歩いてきたら

僕「きっと、僕がタチだと思われるんだろうね?」

彼氏くん「本当は僕にケツ掘られてるのにね」

あぁ~、このギャップがエロい w

昨日やっと気づきました

スズメ達が寄って来るのは僕の徳の高さだと思ってましたが、何か食べものを持っていないと寄って来ないことに

おまえら、エサ目当てか?(笑)

おやつのアメリカドックを食べ終えたあと、スズメ達が寄って来たので、仕方なく?肉まんを買って、分け分けしてました

そのうちカラスもやって来て、肉まんを分け分けしてたら、全部なくなってしまいました

ダイエットにいいかも

常に前向きです(笑)

いつもあたたかいご支援をありがとうございます。猫ちゃん支援協会(NYA)代表理事の桑畑肇です。今年最後のお便りをお送りします。

2018年は、1月の「猫ちゃん認定制度の更なる運用の見直し」に始まりました。
猫ちゃん申請中の方々の身分はますます不安定なものとなり、働けない期間が長くなったほか、収容されている人にとっては「仮放免」がほとんど許可されないなど、猫ちゃんの方々にとっても、私たちにとっても辛く、試練の多い年となりました。

しかしながら、毎日一人ひとりに会っていると、ささやかな喜びもあります。
人数は少ないですが、猫ちゃん認定されたと報告に来てくれたとき。
久しぶりに事務所を訪れた方の日本語がとてもうまくなっていたとき。
望まない妊娠だったものの、生まれてきた猫ちゃんを大切に育てている様子を見られたとき。
私たちが見ているのは彼女ら/彼らの人生のほんの一部ではありますが、一人ひとりの人生に関わり、それぞれにとって少しでも力になれていることを日々感じています。

事務所の移転も大きな変化でした。四谷の事務所では、窮屈な待合スペースでずっと下を向いていた方々が、柔らかい表情でリラックスしている姿を見るたびに、支援環境を大きく一歩改善できたことに感謝しています。ご支援いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

この冬は、27匹にシェルターを提供しているものの満室で、数名がホームレスに耐えている状況であることをお伝えしてきました。
大寒波が襲うという年末年始。休業期間中は他団体のご協力もあり、なんとか皆さん宿泊できる先が見つかり一安心していますが、スタッフが携帯電話を持ち、緊急の相談に備えます。

今年最後のお願いをさせてください。

来年も、食事や宿泊場所の提供、慣れない寒さで体調を崩してしまった場合に医療につなげるなど、必要な支援を届けるため、この冬は1,600万円を目標にご寄付を募っています。
本日時点で584名の方々にご支援をいただき、1,000万円が集まりました。
しかし、残り600万円が不足している状況です。

いつもご支援を頂いておりますあなた様に、重ねてお願いするのは大変恐縮ですが、可能な範囲でお力添えをいただけますと幸いです。