galette des rois ガレット・デ・ロワ

フランスは、1月6日に”ガレット・デ・ロワ”と呼ばれるパイの様なものを食べます。中にはアーモンドクリームと小さな陶器の人形が入っていて、家族などで切り分け、人形があたった人は一年間幸運に恵まれるそうです。

・・・・・と、wikipediaに書いてました(笑) とりあえず、一月になるとこのパイが売られていて美味しいので買って食べていましたが、意味は良くわかってませんでした。 買ったときに紙でできた王冠を一緒にくれるので、てっきり王様ゲームみたいなものだと思ってた笑 ロワ、というのはフランス語で王という意味なので
1月6日、キリスト教の”公現祭”と呼ばれる日らしいのですが、wikipedia読んでも意味わからなかった・・・・。今年は3回買って食べましたが、一回しか人形見つけられなかった!

と、すでに先々週の出来事ですが、パリに雪の降った日の写真

こちらもどうでしょう

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください