3月3日朝

2019年3月3日 紅茶缶

麻雀牌を4牌ずつ縦2×横2でテープで止め4枚単位の麻雀。
4牌のうち1つでも面子を構成すれば上がれるので、上がり確率は高くなるが1セット(136枚)だと牌が足らない。

同じ牌を4牌ずつテープで止め7枚麻雀ルールで行うように改定。
4牌ずつだと牌は一種類しかないため刻子ができず、順子のみとなる。
萬子1234567をテンパイし、一発で1萬をツモ上がる。
しかし同じ牌使うなら4牌まとめる必要はなく、牌を1種類ずつ使う34枚麻雀と同じことになる。
(それ以前に雀頭が完成しないので麻雀ゲームとして成立しないことに起きてから気づく。ツモ上がりも出来ないはず。2セット使ったのか?)




この記事を書いた人 紅茶缶 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください