弁当生活

2019年1月11日 ひでまげ

30代中盤は弁当を必ずと行っていいほど作っていたんですよね。
震災後だったので「せめて1食分の蓄え」と思っていたんですが単純にお昼ごはんを食べに行くところがなかったという職場だったのが一番の理由でした。

弁当ってめんどくさいですよね。
でも、明日の準備をするってなんだか丁寧に生きている感があってすぐに楽しくなるものです。自分のための弁当なので彩りなんかを考えなくても、揚げ物だらけでもいいですし、人参だらけでも、もやしだらけでも恥ずかしくないんです。

現に、弁当の半分が人参という草食動物のような弁当も主要レパートリーのひとつですね。あと、豆だらけっていうのも弁当箱を開いてがっかりしながら食べれるので楽しいです。

View this post on Instagram
#f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)">
#F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);">
#F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);">

#今日のやつ カッパ巻き。

A post shared by @ d_u.ltz5 on

かっぱ巻き弁当。
ここまで奇抜な弁当を自分で作ってもっていこうとは思いませんがね・・。

弁当生活が続いたら、併せて晩御飯もつくる習慣が復活していてさらに丁寧に生きてるなって思えるんですよね。

歳ですね。

#弁当
#丁寧なくらし




この記事を書いた人 ひでまげ 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください