血糖値のこと

2017年12月21日 野崎

これまでは、野菜を先に食べるようにすると、「食事の都度血糖値の上昇を緩やかにできる」という見解に基づいて動いてきました。この度、朝食時に野菜を先に摂ることで、血糖値の上昇を緩やかにできる効果が、昼食にも及ぶと言う情報に出会いました。確りアンテナを張って、常に定説を疑いながら修正を加え、時にはガラリと正反対の考えがより有用と乗り換えたり、これは大変ですが自分には大切なことです。

兎に角明日の我が身の健康維持は、自分の力で切り開いて行かないとならないんです。

時に、専門家たるお医者からも、患者の側にすれば「それは違うんじゃありませんか!」という指導がなされることもあるわけで、患者はのほほんとはして居られません。専門家に任せておけば、絶対安心の世界が手に入ると思ったら大間違いだと思って居ます。

その筋の定説・常識・所謂既成概念 という枠の中で専門家であるけれど、それを持って新進・更新がなされ、真実がもたらされる保証は無いのです。ああじゃないか、こうじゃないか?と、自分でも深く学び追求しながら、専門家たるお医者の力を借りてより良い方向を模索することが、大切です。

お医者に拠っては、「わしの言うことが聞けんのならわしゃ知らん!」というタイプの人も当然ありますから、そういうお医者に出遇ったら最後です。

日常の食事の摂り方について、詳細に学んでおられるお医者ばかりでもなく、したがって詳しく指導をしてもらえるものでもありません。日頃の自分の見識拡大と、探求努力なくして、間違いのない方向性は確保できません。




この記事を書いた人 野崎 

1件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください