それだけのはなし

2017年11月27日 遠藤聡

カウンターしかない狭い狭い飲食店にて。

カウンター奥から3番目の席に座っていたわたし。
後から22~25歳くらいのカップルらしき男女が来店。
店員に一番奥の空いた2席(ワイの隣)を案内され、男性が1番奥に座ろうとするも
女「あたしソッチがいい」
男「なんで?」
女「だってデブの隣ヤダ。狭そう」
男「ぇwまあ、いいけど…」(女性を奥に座らせ男はワイの隣に着席)

狭い店なのでほぼ真後ろから聞こえてきた会話。
声潜めるでもなく、普通の会話声量でお話していたので丸聞こえ。

ええ、ええ、わたくしは確かにデブです。
今更、傷つきはしません。
デブなのは事実ですから、怒りなんてわきません。

でもね、やっぱりちょっと悲しくなるよ。

……うーん、これって傷ついてるのだろうか。




この記事を書いた人 遠藤聡 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください