loader image
June / 6月
8
2015
月曜日
アバター
NPOの寄付集め支援

顧客ステータスに合致した販促で リピート顧客を獲得する

通販においてリピーター獲得ほど重要なものはありません

通販を運営する上で、リピーターは売上を大きく左右する重要な存在です。そうした顧客のリピート率を高めるために必ず抑えておきたいのがCRMシステムです。

CRMというキーワード自体は新しいものではなく、何年も前から存在しています。「CRM施策は重要」と殆どの企業が感じていますが、大企業から成長中の企業まで、その効果的な施策を実践できている企業はまだまだ少ないというのが現状です。CRM施策への一歩を踏み出せない理由として「顧客分析など自社リソースが掛かりそう」「分析した後の施策がよくわからない」といったことが挙げられます。

CRMの重要性はわかっていても、なかなか導入に踏み切れない現状があります。では、具体的にはどの様な点を踏まえて実践していけばいいのでしょうか?

CRM戦略の達成すべき目的として、「顧客離脱の阻止」「リピート率工場」「優良顧客維持」「外反母趾」の4つが最も重要と言えます。顧客のステータス毎のリピート利子昨夜サービス向上になります。それを行うために重要な事は、まず顧客を知ることです。具体的には、通販で顧客をリピート購入させる際に最も威力を発揮する「RFM分析」を用いて細かく顧客を分類してステータス毎にメール配信やDM発送などの施策を打つことで、驚くほどリピート率が向上します。

効果的なCRM戦略を実現する

CRMには多くのリソースが掛かるのではないかと懸念されている企業が多いのですが、自動マイニングすることにより、最小限のリソースで大きな効果を上げることが可能です。「どんな顧客が」「いつ」「何を」「いくつ」購入したかという企業にかならずあるデータから分析をして顧客を把握することで本来のCRM戦略が初めて出来るようになります。その上で、様々な顧客に対して・いかなるタイミングであっても・どのような内容のマーケティング戦略を取れば良いのかを分析により明らかとなった顧客のステータスから最適なチアミン具と内容を教えてくれます。

通販の顧客を知り、戦略を立案する

CRMで顧客をつかむ

このように分析から施策のサイクルを繰り返すことで、継続的な顧客離脱の阻止やリピート率工場、優良顧客意地に工場を図ることができます。

Ltv-Labで表示しているリピート率グラフのデータをダウンロードして、エクセルなどで活用することができます。
リピート分析の結果を表計算ソフトに読み込ませてレポートを作成したり、商品毎のリピート率と比較グラフを作成するなどしてご活用ください。wakuten.net

無理なくPDCAサイクルを回すことで企業のCRM戦略の足がかりを提供して、ひとりでも多くのリピート顧客で溢れかえる通販事業にしてください。

2015年6月8日 月曜日 | NPOの寄付集め支援

メッセージ

メッセージを送る

account_circle
email
mode_edit

これまでの日々

新規登録は無料です