June / 6月
11
2015
木曜日
アバター
NPOの寄付集め支援

韓国人ショック 「ふしぎの海のナディア」は日本のアニメだったニダ

1: 栓抜き攻撃(catv?)@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 18:00:06.11 ID:Kd8SOEWM0.net BE:365460454-PLT(15444) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/kita2.gif
韓国のネット掲示版に「最近ショックを受けたこと」というスレッドが立った。
日本のアニメに関する話題が書き込まれている。その内容は以下のようなものだ。
「小さい頃、たくさんのアニメを見て育った。
『トム・ソーヤの冒険』『シンドバッドの冒険』『フランダースの犬』『太陽の子エステバン』など、どれも本当に面白かった。
特に『ふしぎの海のナディア』が大好きだった。あの大きな世界観に魅了された。
聖書や神話などいろんな要素が入っていて、何度見ても飽きなかった。
ヨーロッパでもこれらのアニメは大変人気だったと聞いている。

それが、最近になって知ったことだが、これらが全部日本のアニメだった。
日本のアニメは、アトムやガンダムのようなロボットアニメばかりだと思っていた。
まざか、西洋を舞台にした作品まで作っていたなんて、正直、ショックを受けた。
何で日本が、西洋の物語や西洋を舞台にしたアニメを作ってきたのだろう?

このスレッドに対し、韓国のネットユーザーからも様々な意見が寄せられている。

「ナディアは私も見た。最高の作品」
「希望で輝かしい未来。昔の日本のアニメにはそれがあった」
「日本がヨーロッパを背景にしたアニメをたくさん作る背景には、ヨーロッパへのあこがれがある」
「宮崎駿監督の作品はほとんどがヨーロッパが背景」
「『フランダースの犬』が日本のアニメだったとは・・・なんか裏切られた感じ」
「小さい頃、小学校でクラスの一人が、全部日本のアニメだと主張して、みんなからウソつきだと言われ、ぼこぼこにされたことがあった」
「70年~90年代にテレビで放送されたアニメのほとんどが日本の作品。ガッチャマン、ハイジ、未来少年コナン、銀河鉄道999など」
「『フランダースの犬』のアニメは日本が作ったけど、原作はベルギー」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150610-00000005-xinhua-cn

依頼
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1433846813/35

ふしぎの海のナディア Blu-ray BOX【完全生産限定版】

引用元: 韓国人ショック 「ふしぎの海のナディア」は日本のアニメだったニダ

2015年6月11日 木曜日 | NPOの寄付集め支援

メッセージを送る

account_circle
email
mode_edit

これまでの日々

新規登録は無料です