生き残る スムージー の条件

価格戦略なのですが、スムージーは、昨年以上に一般食品の原価率(60%)に近づくでしょう。現在も、原価率が高い商品だけが生き残っている傾向があります。原価が高い個包装では、太刀打ちできなくなるかもしれません。必然的にがさ入れになるのでしょうね。個包装は、お断りしようかなあと思うほどです。http://www.tsuhannews.jp/

一気に流行って、一気に去っていったスムージー。
酵素もやオイルが次は流行ると言われているようですが、、

こちらもどうでしょう

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください