楽天とオカビズが業務連携、岡崎市事業者の楽天出店を支援

ロゴ 楽天(株)は16日、岡崎市と岡崎商工会議所が共同運営する「岡崎ビジネスサポートセンター OKa-Biz(オカビズ)」と、地域産業の活性化に向けた中小企業支援や起業家育成に関して業務連携すると発表した。

 楽天とオカビズは、中小企業や個人事業主を対象に「楽天市場」の活用に関するセミナーや個別の相談会を開催。岡崎市の事業者の「楽天市場」参画を促進し、事業者の販路拡大支援などを支援する。楽天は高校生向けのEC講座「楽天IT学校」を愛知県立岡崎商業高校で実施し、全国の選抜チームが成果を発表するプレゼン大会「楽天IT学校甲子園」で、2014年に岡崎商業高校が優勝した。

こちらもどうでしょう

楽天と富山銀行、出店店舗のビジネスマッチングで業務提携

 楽天(株)と(株)富山銀行は2日、富山銀行の取引先を「楽天市場」の出店店舗として紹介するビジネスマッチングの業務提携契約を締結した。
 同提携の目的は、両社は地元企業・事業主の新しい販売チャネル構築を支援し、地元経済の活性化、地域社会の発展に寄与すること。富山銀行の取引先でネット通販参入を検討する企業や個人事業主に、富山銀行と楽天が協力して出店提案する。楽天は2015年3月に北陸地域を統括する金沢支社を開設。「楽天市場」出店店舗や「楽天トラベル」の契約施設へのサポートや、出店前から出店後までを包括的に支援している。  >> 続きを読む

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください