日経新聞片手に足を止める

歩いてたら曙町のあたりで、水上劇場というイベントがやっていた。

川の上の浮き島のようなところで、セミプロ?の人たちが演奏をしている。

丘の上でしばらく聞き入った。

特によかったのは、松任谷由実のひこうき雲。

こんな天気、いい風と、緑の隙間から時折走り抜ける京急の赤い車体。 

たまに跳ねる大きめの魚。

日経新聞片手に足を止める、赤茶色の顔をしたおじさん達。それにカラスまで。

いろんなものが集まって、一つのシーンが作り上げられている。

一体感なんて誰も強要していなくて、それなのに生まれる束の間の一体感。

なんて平和なのだろう、平和すぎて少し泣きそうになった。

休日よありがとう

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください