loader image
July / 7月
2
2019
火曜日
アバター
無名居士-Nameless layman

日々の言葉落穂ひろい~しなければならないということはない

先ほどTwitterでこのようなツイートを目にした

しなければならないということはない – ナバターの脱奴隷ライフ! -No Longer Slaves of life!-

記事の内容は置いといて

「しなければならないということはない」

この言葉を考えてみたくなった
RTした私のコメントは

しなければならないということはない

この言葉好きだなあ
「しなければならない」という思考に
私はとらわれがちになる
その思考が自分の精神を追い込むことになりがち
「しなければならない」からの自己解放
その気づきの言葉となる
付け加えるなら
したいことをすればいい
心のままに
まず始めよう

こうは書いたものの

やはり「しなければならない」という考えに私はとらわれる

そういう性格的な問題も抱えているとは思う

RTしたもののあえて「日々」という場で

またそのことを書いてみようと思ったわけは

実は今私自身が「しなければならない」問題として取り組んでいることがあるからだ

だかRTしたように

「しなければならない」からの自己解放

を意識しつづけている

そのことが大事だと私は思っている

意識し続けていることで精神的破綻をきたすことなく

「しなければならない」という呪縛 強迫観念から

逃れられているのだと思う

今私の最大の関心事 目標はごく私的なことだ

mixi日記に1万字書くこと それだけだ

こうしてわざわざRt済みの言葉を取り上げて考え直してみるのも

1万字日記を達成するための書くネタとしたということ

これを書き始める時点での日記のトータルは5千字ちょっとだった

もうすぐ10時 かなり1万字日記の目標達成は難しい状況

いつもなら2~3千字を残しているという状態だが

今日は意外と字数が伸びていない

そういうこともあって「日々」さんに書くネタを探していた

ネタがないことには書きようがないから

そして私にはそもそも書くネタ材料がないのだから

行きあたりばったり 書きながら考えるというスタイル

そこでTwitterチェックしているときにネタとしてではなく

自分の問題としてこの言葉を考え直してみようと思った

若いことから私は

こうありたい

そのためにはこうすべき

そのような思考にとらわれていた

人間としてこう生きなければならない

こういう人間にならなければならない

そうあろうと心掛け努力したつもりだが

もう一面の私は性的関心が強く しかも変態的嗜虐的性癖があった

もうこれだけでも自己矛盾も甚だしい

その行き詰まりが20歳の夏に訪れた

すべてを清算すべく家出することになる

責任を放棄してしまった

なるべくしてなった行動

夢も理想も主義も思想も

すべてからの逃避

それでも働く場を確保してからの行動

ともかくも生きていくことからは外れなかった

そんな私が生きるよすがを何に求めたらいいのか

ただその一点を探し続けていたといえる

平凡な人間が身のほど知らずの大望を抱いたばかりに

当然迎えた挫折から それでも生きてきただけましだと言える

何も見つけられず何もなさず

残酷にも時は経ていくのみ

しかしそれでよかった

そうなるべくしてなった

ようよう私自身がたどり着いたところは

自分らしくしか生きられないということ

自分らしさの結果が今の自分であるということ

そう気づくまでにこれまでの時間が必要だった

有能でもなく学もない平凡なただ性欲の塊である人間が

少なくとも道を外さず人を殺めずづにか古稀にたどり着いた

もう終焉までわずかとなった

まことに喜ばしいことだ

死が近くなればそれを恐れる人と

逆に死を歓迎する人があるのではないかと思う

私は後者だ

だから今できること したいことをすればいい

結果は問題ではなく為すこと始めることなのだ

それらはすべてが死の準備

したいことを見つけ

したいことをためらわずする始める

そうすれば日々が愉しく意味あるものになる

いや意味など無くてもいい

やることがあるということは

時間はただ単なる物理的な問題になる

時間が後から自分を追いかけてくる感じ

やることをやっていれば時間を忘れる

そうして見つかった一つの目標が

私は1万字日記だった まだ他にもやりたいことが見つかるかもしれない

すべては現在進行形 死ぬまで進行形

その1万字日記に今はこだわっている

始めたころはなかなか書けなかった

ところが何日前からか連続して1万字日記を達成している

それも連続している

そうなれば続けたいのが人情

そう・・・「しなければならない」というのではなく

正確に言うなら「したい」という思い

「しなければならない」とは少し意味が違ってくる

「しなければならない」という思考にとらわれ陥るのは苦痛だが

「したい」という思いにはできなくてもいいという許しも内包している

そしてなによりも達成する喜びがある

そのためにはズルもするが  それも許容範囲 許しがある

できなくてもそれは仕方がないという許し

自分がしていることだから自分が許しているのだが

さてここまで何字書けたか気になるところ

現在10時半だから残り字数の対策もあるし

散歩の都合もあるのでここで確認

mixi日記では 2247/10000

これは段落を入れた数字だと思う

私が利用している文字数カウントサイトでは 2031

ということはトータルでやっと7千字超え

残り3千字ならまだ可能性もある

0時までには無理だろうが そこは私が決めることだからどうにでもなる

昨日は書き終えたのが5時だった

どうにでも融通が利くというもの

この辺で一服して安保に出て気分転換という名の

おやつの買い出しに行こうか

そうしよう

そこでタイトルの問題は・・・

こう書いておこうか

これを書きながら思った
「したいことは遠慮しないでしたらいい」
2019年7月2日 火曜日 | 無名居士-Nameless layman

メッセージを送る

account_circle
email
mode_edit

これまでの日々

新規登録は無料です