日々の言葉落穂ひろい~「上には上がある」という話

2011年8月25日 (木曜日)
(その6)「上には上がある」という話

「上には上がある」ということについて

今朝書いたばかりだ 久しぶりに伺ったブログでも

偶然そのことについて書いてあった

面白い偶然だと思った

ここでは弓の名手が自慢しているのを

油屋が大したことはないとけなす

そして自分の技を見せる

それを見た弓に名手は退散していったとか

そこでここでは 検索でどんな話に出会うか見みようと思った

さほどの収穫はないかもしれぬが

同じテーマで2度書く技量は私にはないのでね

検索頼みすることに

上には上がある

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
上には上がある』(うえにはうえがある、原題:Puss Gets the Boot)は、1940年に公開されたアメリカ合衆国アニメーション短編映画カートゥーン)である。トムとジェリーのデビュー作である。1940年アカデミー短編アニメ賞ノミネート作品。

このアニメの内容も書かれていたが

タイトルがその内容のどこから来たのかまでは分からない

トムにいじめられていたジェリーの反撃だが

皿をトムに投げつけ 割れないように必死に受け止めるが

とうとう割れてしまった

トムの飼い主に家から追い出されるという話なので

ジェリーにとってこわいトムだが トムにとってはさらに怖い飼い主がいた

それが「上には上がある」という意味が

このアニメは子供のころというか もういくつになってただろうか

そこそこ観ていた その第1話のタイトルが「上には上がある」というのには

すこし驚いた 仇敵の猫とネズミで面白い話を作ったものだ

うちにも入れ代わり立ち代わり いろんなの猫たちが来たが

その猫たちの話を想像することすらしなかった 出来なかった

昔 TV放送はアメリカの番組をもらってどうにか放送していた

マンガではポパイもよく観た ホームドラマ 西部劇 いろいろあった

そのTVでよく活躍していた俳優が のちに映画に主演していくのをみてきた

なぜかそれはうれしいことだった

古い映画を観ているが 中には戦前の映画もある

それを収集してアップしてくれるおかげで 観ることができる

私は海外のアダルトサイトに千本ほどの動画をアップしていた

もう削除したが いまにして思えばよくやったものだと思う

そんな私の収集からすれば 古い映画の収集がどれほど意義のあることか

かなり私も自慢したものだが 今思えば大したことはない

上には上があるものだと感心している

こちらもどうでしょう

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください