姉さんの日々 10月10日(木)~笑顔から

noteのアップ作業が終わったので

次は明日の準備と行きたかったのですが

先に姉さんの日記書いておかなくちゃ

朝のこと忘れてしまう

私ももうそんな状態になりました

ほんとに忘れて思い出せなくなるんですね

半日前のことが もう書けない

忘れれることも 考えようによっては自然なんでしょうね

すべては死の準備・・・と思っています

たとえば痴ほうも老化も

死のプログラムに沿っての自然の過程かと

そう思えば素直に受け入れられるでしょう?

さて姉さんのことです

私は5時に目が覚めたのですが 姉さんも起きていたので声掛けしました

すると笑顔で返してくれましたよ

昨日は反応なしでしたが その前3日間は笑顔でした

その笑顔は朝の一回だけですから 超貴重なのです

5時起きでのどが渇いているようでしたのでチョコバーをあげました

すると1本食べましたから 時間も30分かからなかったと思います

そしてもうひと眠り

次に私が目が覚めたのは7時過ぎ

8時に朝食にするとして 7時半までチョイ寝

少し前に起きてシャワー

ということで姉さんの食事

姉さんが流動食しか食べられなくなってから

呑み込むまでかなり時間がかかっていました

ある時 あずきバーをあげた時

おいしそうに口の中で氷を味わっているようでした

それから呑み込むまでの時間が早かったのです

それ以来 栄養補給ドリンクも野菜ジュースも凍らせて

小さじで上げています

だから食事の準備といってもほとんどない

お茶を入れるくらいです

そのお茶もお口を洗う時に スポンジに含ませる程度

お茶も凍らせてやってみようかな

でもいつも苦めに出てるので どうかなあ

それで朝食は お薬を入れて凍らせた野菜ジュース

カチカチに凍らなくて 適度のシャーベット状

それと食パンにはちみつ エンシュアドリンクに浸して

流動食状態にカミカミしたのを交互に上げました

薬の野菜シャーベット完食 食パン2分の1完食?完食というかな?

その後 あっためたコーンスープ 冷たいものばかりじゃどうかなと思って

そして 姉さんの好物の桃ゼリーを凍らせたもの これもシャーベット状

時間が45分ほどになったので そこまでにして朝食終えました

かローリーも水分もそこそこ取れたのではないかと思います

朝 おしっこもそこそこ出ていましたから安心しました

そんなこんなで 食後少し休んで

今しがたリハビリが終わったところ

リハビリ中から寝ていたようで

今はいびきが聞こえます

食事を始めるとすぐに口を開けて咳をする準備

これがクセになっています まだ咳する力がありますからいいのでしょうが

咳ももしかしたら気管支の方に入りやすくなっているのかもしれない

それが一つ気になるところ

いつ何時食べることができなくなるかもしれない

良いことがあれば悪いことがある

私はそう考えがちなので 経過状態がいいときは

次に悪いことが来ると覚悟しています

それでは私も少し眠くなったので小休止

ではまた

ごきげんよう

 

 

 

こちらもどうでしょう

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください