古い映画を観たくなった~西鶴一代女(The Life of Oharu) 田中絹代

西鶴一代女(The Life of Oharu)

監督 溝口健二 出演者 田中絹代, 三船敏郎, 菅井一郎, 松浦築枝, 進藤英太郎, 沢村貞子

https://youtu.be/UI4kocu6IDw

この映画も私には 感動を通り越して驚きといってもいい

近松の原作に驚くべきか それを映画化した溝口の力量に驚くべきか

あまりにもドラマティックなドラマ ありえようがないだろうが

ありえるかもしれないという現実を映画で表現

映画の表現はリアル 物語はフィクション

事実をもとにしたとはいえ あくまでフィクション

その想像力と創造力に ただただ関心している

監督の世界 イメージを役者が演じ創り上げる

様々に遍歴を繰り広げるが 内容よりも映画というものを考えさせられる

この映画の後 新藤兼人監督が溝口健二についての関係者への

インタビュー動画を観た

ワンシーン撮るのにどれだけの労力と時間がかかったか

その話を聞くと それこそ映画ってなんだと思う

それを観るってなんだろうと

そんなことを考えている

今は『赤線地帯』 正直 観るのはつらいが 女優を観たいから観ている

こちらもどうでしょう

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください