副業理不尽

世は副業戦国時代。
バイト先では、ほとんどの方が本業あり。

当時、3つバイトを掛け持ちしていた。

バイトa→客前で体重計に載せられ「横綱かよwwww」と先輩方に体重の写メを撮られたり、せせら笑われる

バイトb→オーナー店長が酒乱。その方がグチりながら号泣した後は必ず15分ほど怒鳴られる。

バイトc→スタッフも酒乱。お客を怒鳴り散らすスタッフを誰も止められない。それにブチ切れたお客に謝り、酒乱スタッフをなだめる。

-ブラックな現場の共通点-
1.バイトを始めてからバックレるまでのスピードが尋常じゃない速さ。
→感覚がまとも?な人は嗅覚で察知するのだと思う。名前を覚える間もなくいなくなる。

2.絶対に被害を受けてない人たちが一定数いる。
→ノーダメージな人たちは、ブラックなシーンで必ず気配を消す。
庇ったりはしない。

最初に挙げた副業3つは、1年~2年ほど続けた。
結果、
1年で10kg、2年で20kg体重増加。
過食嘔吐。(食後10分後には必ず吐くが、食べている最中は2人前くらい食べないと止められない。)
アルコールに逃避。(最終的には、一人で立ち飲み屋をはしごしてでも逃避。飲む動作をすることでストレスから逃げているので、大量に飲む。)
引きこもり。(休職。復職しても出勤率の低さがダントツ。)
過敏性腸症候群。(薬があってもお腹を壊してる状態。薬がないと…。)

副業は全て辞め、本業も休職し、回復途中に転職。

精神的には回復した。
身体的には全く回復していない。

どっちも同時に治るとは限らない。

収入は大事だと思うが、体調にはかえられない。
収入があっても、外食しまくり、飲みまくり、では貯まらない。

現在、本当に細々の生活になった。
バイトの同期達では、有名になった子も何人も見た。
でも全く羨ましいと思わない。
過去のデータを目にする度に、えづくような不快感しかない。

自分を大事にできるのは、
自分を甘やかすことができるのは、
自分一人しかいない

未分類

にほんブログ村 その他日記ブログへ
expand_more

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



関連記事