loader image
December / 12月
28
2018
金曜日
アバター
Karin Nagasawa

カウンセリング

土地は方位的に問題全くないが、水の流れが悪い。真ん前に建ってる建設中の家の下が一番よくない。母と復縁できればよくなる。母と絶縁になっている状況を母方の先祖が憂いているため、それがなくなれば水の流れがよくなるとのこと。

母はハイリーセンシティブに入る人なので、伝え方を三倍に薄めるか、母に三倍に薄めて理解してもらうかのどちらかで私の言いたいことを正しく理解してもらうことができ、改善できる。とても感受性ゆたかできちんとした人なので問題はない。

前世は南米で(ウズベキスタン?)普通に畑を営む健全な女の子だった。守ってくれているのは南米系の人とキルギスタン?の人らしいので、アジアの南北で組合わさることでいまの私の陰と陽が出来上がっているらしい。

結婚は普通にする。いまの私を変えない方がいい。見た目もなるべくなら変えずにこのままいくこと。

批判精神を常に持って、風刺画のようなものを下手くそに描くといい。

今まで辛い状況で精神的に迷路に何度も入ったり出たりを繰り返しているのが見える。幼稚園の頃に、黄色い傘で側溝の中をじゃぶじゃぶやっているのが見える、その時に辛いことがたくさんあって大人のような考え方をしていたが、考えてもしょうがないと考えることをやめたという。幼い頃の記憶がないのはそのせいもある。

辛島さんたちは人としてちゃんとはしているが、進め方がへたくそなので気になったら必ず確認する、希望通りでなければバッサリ切り捨てていい。めんどくさくなって「これでいいよね?」となりがち。

システムの構築や、アーティスティックな才能がある。デザイン学校時代にセンスがないと言われたのは家庭環境で抑圧されていたから。一度「どうでもいい」と弾けてしまえば光る、らしい。

2018年12月28日 金曜日 | Karin Nagasawa

メッセージを送る

account_circle
email
mode_edit

これまでの日々

新規登録は無料です