なぜ気になるのだろう goo blog「日々の細道」へのコメント記録~35

日々の細道

手持ちの回数券が一枚また一枚、残り少なくなっていく老いの日々、どう生きていくか?
渡る世間8終了。セ・開幕、広島、阪神を、広陵も北陽を撃破
2007年03月31日

植木とプロ野球の話題  そしてTYドラマの

「渡る世間は鬼ばかり」第8シリーズ我終わったことから その感想が書かれていた

このシリーズの初めのころは 私もよく観ていたが

いつのころからか全く観なくなった 関心もすっかり失せてしまった

それほど長く続いていたのかと思う

母がまだ元気なころ このドラマが好きだったと言ってたのを思い出す

ご婦人方に このドラマが人気があったのはよくわかる気がする

身近な問題がちりばめられ 思い当ることばかりなのだろう

我が身に重ねてというより わが身わが家庭は置いといて

事の成り行き 解決の行方をやきもき楽しんでいるのではないだろうか

男と女では見方が違うのかもしれない

こんな問題を普段は考えもしないが 私なりのうがった見方を言うなら

女は他人事として茶々を入れるのが楽しい

男は自分のこととして重ねるも どうしようもない事として醒め観ている

その落差は あいまいをもって美徳円満とする日本的文化のような気がする

普段考えもしないことを だから深い考察考慮もなしに書いているが

それがどれほどの意味があろうか 単なる私の感覚的思いを書いたに過ぎない

私は家庭があってないようなもの

長年連れ添った人はいるが 私にとっては同居人

姉であり母であった 子はなく 世間的な家庭の苦労をしたわけではない

だから『渡る世間・・・』は他人事

私の考え方をするような人間では ドラマにならないだろう

家庭のもめごとさえ起こらないだろうから

このブログ記事が縁で 少しだけ普段思わないことも書いてみた

こちらもどうでしょう

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください